お手入れ方法

Air plants

エアプランツの魅力

エアプランツとは、普通の観葉植物と違い土が要らないということが最大の特徴で、雨や霧などの水分を得られる環境で自生している事から、空気中で育つ“エアプランツ”という呼び名がつけられました。原産地では樹木などに着生し、葉や根から水を吸収しながら育ちます。一般的に「チランジア」とも呼ばれます。
一般的な植物のように、土の中に根を張り成長するのではなく、岩石や他の樹木などに着生し、葉や根から雨や空気のわずかな水分を効率よく吸収し、成長します。
原産地は、北アメリカ南部~南アメリカと幅広く生息し、雨の少ない砂漠から、日差しが少なく、絶えず雲や霧のかかる湿度が高い雲霧林で、岩石や樹木に張り付いて生活し、なんと600以上もの種類が存在します。 エアプランツの最大の魅力は『手軽さ』と『インテリア性』です。そのオブジェのような姿から、インテリア性に富み、手軽に天井から吊るしたり、壁に掛けたりと、自由自在の飾り方ができます。まさに生きたオブジェとして、お部屋をおしゃれに彩ってくれます。



エアプランツをうまく育てて行くと、あの魅惑的なフォルムからは想像もつかないような、赤や黄色や紫・白といった、大変綺麗で色鮮やかな花を咲かせてくれます。
を咲かせるポイントは1日1分でも多く日光に当ててあげることです。光に当てることで元気な株に育ち花が咲きやすくなります。
しかし直射日光は絶対に避けてください!『葉焼け』という、日焼けと同じような症状を起こしてしまいます。レースのカーテン越しなど、優しい光に当ててあげて下さい。


エアプランツのお手入れ方法

1、水やり

「エアプランツとは空気で育つ水の要らない植物」と勘違いされることが多いのですが、水をやらないと枯れます。 エアプランツは乾燥に強いですが、とても水が好きな植物です。空気中の水を吸収するとはいえ、水やりは必要。自生地では霧がたちこめるほど湿度が高い場所で生活しているので、日本では空気中の水だけでは足りません。 水やりの際には霧吹きなどを使い、週に2,3回霧吹きスプレーして、株全体がしっかり濡れるまでたっぷり水を与えて下さい。
通常の水やりを十分に行えない場合は、月に1回程度、洗面台やバケツに水を貯め、エアプランツを浸して水を吸わせるのも手軽です。(ソーキングと呼ばれる。漬け込みすぎはエアプランツが痛む原因になります。気を付けましょう。 ) しかしエアプランツは2日以上株が濡れたままになると、黄色がかった色に変色し、腐ってしまう恐れがあります。
春~夏頃は、週に2~4回、気温が高すぎない夜間に水をあげます。 冬場は、週に1回、気温が上がった日中に水を与えて下さい。
【夏】夕方~の涼しい時間  【冬】昼間のあたたかい時間


2、明るさ

ほとんどのエアプランツは樹木などに着生し、太陽の光と風を浴び、雨や霧による湿度が高い環境で成長していきます。 この条件を頭に入れ、季節に応じ、置き場所などを以下のように工夫してみましょう。 春~秋頃 まず大切なのが気温です。 最低気温が9℃以上になれば、直射日光の当たらないバルコニーや軒下などの屋外へ出しましょう。 夏に近づき最高気温が30℃を超えてきたら、できるだけ風が抜ける涼しい日陰に移動してください。 エアプランツは日本の暑さが苦手なようです。 冬時期 最低気温が9度を下回ってくると、太陽光がレースのカーテン越しで当たるくらいの部屋へ入れてください。 真冬になると日光もやわらかくなり、照度も落ちますので、直射日光にあてても大丈夫です。 室内に置くときは、出来るだけ空気の流れがある場所に置いてください。


3、置く

直射日光が当たらない明るい場所が良いでしょう。直射日光が当たる場所や、暗すぎる場所では枯れてしまいます。 また、湿度の高い場所を好むので、空調の風が直接当たる場所は避けましょう。しかし、風通しが悪い場所も嫌いますので、ある程度空気の動きがある場所が良いです。寒さに弱いので、真冬の窓際などは注意が必要。 水やりと置く場所を間違えなければ、枯れてしまうことはないでしょう。

ページトップへ