お手入れ方法

Dry flower

ドライフラワーの魅力

草花や枝をそのまま乾燥させたもののことですが、ドライフラワーといっても、つぼみもあれば実になったものもあります。また、花ではないけれど、木の実や果莱や果物も乾燥させたものはドライフラワーとよばれています。 多湿や直射日光はドライフラワーの劣化を早めてしまいますが、決して"枯れた素材"ではなく、少しずつその色や姿を変え、独特の質感と深い色がさらに移ろう経年劣化は、ドライフラワーの魅力の一つであり、花としての、特に最盛期の美しさを長く堪能できます。 生花と比べて、ドライフラワーの時間はゆっくりと流れます。開花する季節も、美しく咲いていられる時間も、気にする必要はありません。心ゆくまでずっと楽しめます。 精一杯に咲き誇り、一度はその生命を全うした花であるドライフラワー。 二度目の生命を与えられた花であり、生花としての命を終えた後の、独特な美しさと魅力を持つ世界ドライフラワーは、お手入れの心配なくたくさん飾れるので、簡単に自宅を華やかな印象にできます。 生花と比べ新鮮さは劣りますが、長期間保存できるため、違う季節の花を同時に飾ることもできます。 生花より長持ち、 プリザーブドフラワー よりお手頃なのがドライフラワーです。



置く

湿気は、型崩れ・ひどいとカビが生えてしまう原因となります、、湿度の高いところは避けましょう。  もっとも安心なのはエアコンの効いた室内ですが、そう神経質に考えることはありません。人にとって心地よいところなら、ドライフラワーも大丈夫です。 劣化が早く進んでしまわぬよう、直射日光も避けましょう。 時々やわらかい羽根ばたきなどで、ほこりを払ってあげましょう。

ページトップへ